<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2月の我巣灯

e0145186_16372354.jpg
             写真を送っていただいて,ありがとうございました。
              ギターの馬淵さんです。








[PR]
by kou_iwata | 2018-02-18 16:45 | ライブ

南紀白浜

e0145186_22354604.jpg
先週の2/2金曜から二日間、南紀白浜に行ってきました。
今回も二度目の百人SAX会の講師のお仕事でした。
旧知の熊本さん,ありがとうございました。(*^_^*)


e0145186_22340189.jpg
きのくに線でゆっくりと読書しながらの小旅行でした。
水平線がくっきり出ていて、とても綺麗ですね。




 
e0145186_22350853.jpg
久しぶりに真鯛、釣りたいなー。もうそろそろ産卵しに岸に寄ってくる季節ですから。
田辺の湾内の磯でカゴ釣りで釣れるんですよ。(^^♪













[PR]
by kou_iwata | 2018-02-06 23:23 | 近況

プロフィール

 1968年、和歌山県にて出生。
幼少の時から日常的に音楽に触れる。
12歳から吹奏楽でアルトサックスを始め、のちに県立粉河高校の粉河ラテンバンドに所属。
 1991年から、単身渡米し、ジャズ、ブラジリアン、コンテンポラリーの音楽に触れて刺激を受ける。
 1994年、Brasilian Jazz Band 「SAMBOP」を結成する。
 1995年、内橋和久が率いるバンド「PHATASMAGORIA」を結成し、同年そのバンドで劇団維新派の「南風」に音楽で参加し、FMラジオドラマの音楽にも参加する。
 同時期、Pantasmagoriaのライブ中にしていた、saxによるマウスピースを使わない特殊奏法を発展させたバンド「MUTANT」を結成。後にUAのCDに参加する。
 1997年、オリジナル曲を主体とした「XOEXAB」を結成し、東京、名古屋、大阪、神戸方面で意欲的にライブツアーをする。
ライブ版のCDもこの頃にリリースする。
 1996年からのFestival beyond innocenceには毎年出演し、特に2007年には「XOEXAB」は大好評を博した。
 1997年、Viollinの木下和重、ギターの磯端伸一.Saxによる即興バンド「TORITOGENEIA」、2000年にはSaxとDrumの井崎能和による即興バンド「SUMIDA」を組んで、これらのバンドでも積極的にライブツアーをする。
 この頃から、徐々にジャズを主体とした音楽に傾倒するようになり、2005年のバイク事故による指のけがをきっかけに、ジャズスタイルに大きく転換する。近年は、自身のスタイルをBEBOPとし、新たな展開を模索中。[2018年現代]






e0145186_23052304.jpg

[PR]
by kou_iwata | 2018-02-01 23:03 | プロフィール